W2C Dixieの記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W2C Dixieの2014年成績

W2C Dixieの2014年成績(2014/10/17~2014/12/31)

Trades: 87
Average Win: 82.14 pips / ¥7974.30
Average Loss: -55.86 pips / -¥5594.28
Longs Won: (25/40) 62%
Shorts Won: (12/47) 25%
Best Trade(¥): (Dec 22) 40549.00
Worst Trade(¥): (Dec 04) -12011.00
Best Trade (Pips): (Dec 22) 405.7
Worst Trade (Pips): (Dec 04) -119.7
Avg. Trade Length: 1d
Profit Factor: 1.05

トータル収支   ¥15335.00

取引回数は期待にこたえてアグレッシブなところを見せてくれました。
ただ成績が期待通りではなかったです。
特にショートポジションの勝率は残念です。
上昇局面であったので当然かもしれませんが、その局面でロングより多いポジションを取っているのが残念なところです。
EA代金¥54,000を年内に回収してほしかったのですが・・・
最後の最後で30,000円ほど赤を叩いてしまいました。
ただし、このEAは長い目で見るつもりでいますのでロット変更の予定もありません。
来年は1年間で100kくらい稼いでほしいです。

スポンサーサイト

W2C Dixieの特徴

プロバイダフォワードテスト
W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」 | fx-on.com

通貨ペア : USD/JPY
取引スタイル : デイトレ
最大ポジション数 : 2
使用時間足 : H1
最大ストップロス : 100pips
テイクプロフィット : 350pips
価格 : 54,000円
お薦め度 : ★★★★☆

プロバイダHP
超絶ボリュームのバックテストが物語るその優位性… DixieがあなたのEAポートフォリオを熱くする
W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」
W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」 | fx-on.com

コメント
私が購入して運用開始した途端に損益が下落してしまいましたが・・・
なんの問題もありません。

紹介文にもあるように”絶ボリュームのバックテストが物語るその優位性”がこのEAの最も特筆すべき点だと思います。
バックテストとフォワードテストが一致しないEAが多い中にしてバックテストとフォワードが一致する数少ないEAだと思います。
この意味・・・数ヶ月前なら私も理解できなかったと思います。
重要なのはエントリーする際の基準となるレートです。
このレートを確定足で判断しているためバックテストとフォワードテストが一致するのです。

特徴的なのはほぼ常にポジションを保有しているところです。
リスク回避のための両建をすることもあります。
また、ドテンすることも結構な頻度であります。
相場は常に動いているのでどちらかのポジションを持つということは自信のあらわれだと思います。
そしてバックテストがこのEAの優位性を証明していると思います。

高価である点が★1個足りない部分でしょうか。
自分だけの成績でいうと他のEAより優れませんが・・・そのうち逆転するはずです。

日本投資顧問業協会会員(近畿財務局長(金商)第372号)で具体的な設置方法の無償サポートもあり安心して導入できます。

導入される方で不安がある方はメッセージいただければアドバイスさせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。