リバースマーチンゲールという手法

マーチンゲール手法はEAでもよく見かけますし、
このブログの読者さんならほとんど内容も理解されていると思います。

マーチンゲールは負けたときに掛け金を倍にする手法ですが、
リバースマーチンゲールはその名のとおりマーチンゲールの逆、すなわち勝ったときに掛け金を倍にする手法です。
競馬でいうところの転がし馬券みたいなものです。


コイントスで表裏をあてるゲームを仮定しましょう。
掛け金は100円で当たった場合はその倍を払い戻しとしましょう。
期待値は1ですね。
例をたくさん書くのは面倒なので3回勝負としましょう。
しっかり計算していないのでまちがっているかもしれませんが、

マーチンゲールの場合
勝 勝 勝 の場合 +300円
勝 勝 負 の場合 +100円
勝 負 勝 の場合 +200円
勝 負 負 の場合 -200円
負 勝 勝 の場合 +200円
負 勝 負 の場合 ±0円
負 負 勝 の場合 +100円
負 負 負 の場合 -700円

リバースマーチンゲールの場合
勝 勝 勝 の場合 +700円
勝 勝 負 の場合 -100円
勝 負 勝 の場合 -100円
勝 負 負 の場合 -100円
負 勝 勝 の場合 +200円
負 勝 負 の場合 -200円
負 負 勝 の場合 -100円
負 負 負 の場合 -300円

いずれも期待収支は±0円です。
戦績は前者の場合5勝2敗1引き分け、後者の場合2勝6敗です。

どちらが優秀かは個人的な意見になりますので割愛します。

両者ともプラスとマイナスの違いはあれ、コツコツドカンタイプです。

最後にリバースマーチンゲールは、連勝の回数設定を設けないと確実に負け組みとなります。

コメント


管理者のみに表示